日本の音楽の歴史と未来について!

今も活躍を続けるグループ・サウンズ出身者!

今も活躍を続けるグループ・サウンズ出身者!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1966年のビートルズ来日は、日本の音楽シーンに多大な影響を与えた。

 

 

 

 

その副産物の1つとして1960年代後半に、

全国的にブームとなったのがいわゆる、”グループ・サウンズ” である。

 

 

 

 

ひとくくりにして語られることが多いが、

『ブルー・シャトウ」』 で日本レコード大賞を受賞した、

ジャッキー吉川とブルーコメッツの様なブームになる前から、

活動していたバンドもあれば、

 

 

 

 

ビートルズやローリング・ストーンズの影響を受けて、

学生が結成したアマチュア上がりの、

ザ・タイガースや、ザ・テンプターズも含まれており、

その音楽性や表現性は多岐にわたる。

 

 

 

なかでも、沢田研二が所属したザ・タイガースと、

萩原健一が所属したザ・テンプターズ、

これにオックスを加えた3バンドは、

”GSご三家” と呼ばれ、人気を博した。

 

 

 

 

一方、当時は長髪やエレキギターを持っているだけで、

不良とみなされる風潮が社会全体にあり、

グループ・サウンズのコンサートを観に行くだけで、

停学もしくは退学処分が科されるなど、

今日とは隔世の感がある出来事が、多々起きていた。

 

 

 

 

1968年にピークを迎えたGSブームの中、

実に100を超えるバンドがデビューを果たした。

 

 

 

 

しかし、あまりにもバンドが増えすぎたことと、

旧態依然とした音楽業界のもと、粗製乱造が目立ち、

ブームは一気に衰えていった。

 

 

 

 

その後、グループ解散後は、歌手や俳優、または、

タレントや音楽プロデューサーとして、多くの成功者を生み出した。

 

 

 

 

ザ・タイガース出身の沢田研二と岸部一徳、

ザ・スパイダース出身の堺正章などは、その代表格である。

 

 

 

 

昨年には、解散以来のオリジナルメンバーで構成された、

ザ・タイガースのコンサートが好評を博すなど、

依然根強い人気を誇るグループ・サウンズ。

 

 

 

 

21世紀になってからも、曲をカバーするバンドも後を絶たず、

これからもその流れは継承されることだろう。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ