日本の音楽の歴史と未来について!

関西から広がったジャパニーズ・メタルブーム!

関西から広がったジャパニーズ・メタルブーム!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1980年代前半から中盤にかけて、全盛を極めた音楽ジャンルの1つに、

通称、”ジャパメタ” と呼ばれる、『ジャパニーズ・メタル』 がある。

 

 

 

 

それまで、ディープ・パープルを始めとする海外のロックは、

日本でも人気を呼んでいたが、日本のハード・ロックは、

一部のマニアックな人気に過ぎなかった。

 

 

 

 

「日本のハード・ロックは売れない」 という、

当時の音楽業界の常識を覆したのが、

1981年にデビューした、『ラウドネス』 である。

 

 

 

 

ラウドネスは、特にギターの高崎晃と、ドラムの樋口宗孝が、

海外でも高い評価を受け、日本ロックバンド初の、

”ビルボードトップ100入り” など、数々の偉業を成し遂げている。

 

 

 

 

ラウドネスの他にも、関西からは多くの人気ジャパメタバンドが生まれた。

 

 

 

 

・アースシェイカー

・44マグナム

・マリノ

・MAKE-UP

 

 

 

 

特に、『MAKE-UP』 は、ラウドネスの前身である、

『レイジー』 を生んだ、藤井寺高校・軽音楽部の後輩であり、

アニメ、「聖闘士星矢」 の主題歌を歌い、ファン層を広げた。

 

 

 

 

また、樋口宗孝プロデュースで、”麻里ちゃんはヘビーメタル” の、

キャッチフレーズでデビューした浜田麻里は、ポップス路線変更後の今日でも、

第一級のシンガーとして高い評価を受けている。

 

 

 

 

一時期、浜田麻里のバックバンドに、B’Zの松本孝弘が居たことも有名である。

 

 

 

 

それまでの日本のロックに飽き足らず、オリジナリティを求める、

若者達の支持を受け広がった、ジャパニーズ・メタルだったが、

80年代中盤になると、楽曲よりも、派手なビジュアルとポップなメロディを導入、

 

 

 

 

つまり、海外のマネをすれば受けてしまうといった風潮が広がり始める。

 

 

 

 

洋楽との違いを見出せなかったことから、一気にブームが終焉するが、

その後のバンドブームに繋がる、音楽シーンを構築した功績は大きく、

今なお活動を続けるラウドネスを筆頭に、ジャパニーズ・メタルは、

まだまだ、根強い人気誇るジャンルの音楽である。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ