日本の音楽の歴史と未来について!

ガールズバンド今昔!

その後の音楽シーンに多大な影響を与えた70年代日本のロック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1960年代後半にブームとなったGS(グループ・サウンズ)が衰退し、

ビートルズ来日以降、大物外国人ロックバンドが相次いで来日した、1970年代前半。

 

 

 

 

なかでもディープ・パープルが絶頂期に来日し、ライブベスト曲を収録した、

「ライブ・イン・ジャパン」 は、日本国内だけでなく海外においても高い評価を受けた。

 

 

 

 

また、グランド・ファンク・レイルロードが来日した際の、

雨の後楽園ライブが伝説的な盛り上がりとなる一方、

日本人の日本人によるロックは、海外のものより一段低く見られる傾向があった。

 

 

 

 

こうした中、日本人プレイヤー達は、日本人独自のロックを作るべく模索していた。

 

 

 

 

なかでも、竹田和夫率いる、『クリエイション』 は、

ブルースを基調とした日本人独自のロックを追求し、

プロレスラーのザ・ファンクスの入場曲、「スピニング・トゥ・ホールド」 がヒットしたが、

バンドそのものの認知度は、広がることがなかった。

 

 

 

 

他にも、『頭脳警察』 や、『外道』 などがカルト的な人気を誇ったが、

一般的な知名度は低いままであった。

 

 

 

 

そんな中、レコードセールスには恵まれなかったものの、

その後の音楽シーンに多大な影響を及ぼすバンドが登場する。

 

 

 

 

それが、『はっぴぃえんど』 である。

 

 

 

 

ドラムの松本隆は作詞家として、「ルビーの指環」 など、

数々のヒット曲を世に送り出した。

 

 

 

 

ギターの大瀧詠一は、シンガーソングライターとして幅広い音楽を提供し、

ベースの細野晴臣は、後にYMOとして世界を股にかけて活躍することとなる。

 

 

 

 

当時と違い、情報が簡単に手に入るようになった昨今、

多くの映像やライブ音源が発掘され見直されている、70年代日本のロック。

 

 

 

 

社会に突き付けるメッセージ性は、現代でも十分通用するものだ。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ